赤べこ(あかべこ)は福島県会津地方の郷土玩具であり、首の周りには余裕があって、頭は胴体内に差し込まれる部分と振り子のようになっており、愛嬌のある顔に触れると上下に左右に振り子運動を繰り返しユーモラスな動作がしばらく続くようになっています。

 

赤べこの起源となった伝説

 

日本の東北地方では、「牛」のことを「ベコ」と呼びます。

西暦807年頃、柳津虚空蔵尊「圓蔵寺」を建立の時に難工事で困っていたところ、どこからともなく赤い牛が現れ、大変な働きをして工事を助け、無事完成したと言われております。

以来「幸せを運ぶ牛」、「子どもの守り神」として多くの人に愛されています。

 

今では福島県のいたるところで、赤べこの看板が目につき、どの店にも飾られていますが、実は会津藩の藩主氏郷公が、この柳津のお土産屋さんに作らせて、特産品として売り出したことが始まりなのです。